百合と日常

百合コミックを紹介しながら雑多につぶやきます。

前途多難な元ヤン2人の恋愛事情。おすすめ百合漫画『私の拳をうけとめて!』

こんにちは、昂弥です。

今日紹介するのは、murata先生の描く元ヤン2人の百合恋愛

『私の拳をうけとめて!』

角川コミックス・エース 著者:murata

どんなお話?

脱ヤンを目指す元ヤンの武部は、ある日、高校時代の宿敵・空森と再会してしまう。数年ぶりの勝負に負け、なぜか空森とお付き合いすることになるのだが、、、⁉元ヤン2人のちょっぴりシュールな日常コメディ、スタート!

主人公は元ヤン2人。あまり見ないタイプの恋愛漫画ですね。脱ヤンを目指す武部とヤンキーのままでいいから自分と付き合ってほしいという空森の百合作品なのですが一向になびく気配も見せない武部。すでに武部に知られている恋心が実る日は来るのか、今後の展開が気になる新感覚百合漫画です。

登場人物

f:id:ta_kaya:20181126112132p:plain 武部(たけべ)

(コミックスより引用)

元ヤン。高校時代は純粋に力試しのために喧嘩の日々に明け暮れていた様子。周囲の高校に敵なしだったのだが空森とは決着がつかず数年。周囲の人間の度重なる結婚報告に焦りを覚え「脱ヤン」を目指すことに。しかし、空森との再会で勝負に負け、なぜか空森と付き合うことになる、、、。

1巻で一向に照れる様子もない堅物な印象。空森からは熱烈なアピールを受けているにもかかわらずです。そんな彼女の表情がほころぶ日は来るのか。

f:id:ta_kaya:20181126112306p:plain 空森(そらもり)

(コミックスより引用) 

元ヤンだがなりたくてなったわけではなく、高校時代先輩に目を付けられ勝ってしまったことがきっかけで喧嘩の日々を送るハメになった。最初は嫌々だったが武部との出会いで、武部に一目ぼれ。彼女を気を引こうと高校の頭に上りつめ武部に決闘を申し込んでいた。再会を果たし今度は逃がすまいと決闘し付き合うことになる。

武部の事が大好きすぎてちょっと重い部分が見え隠れするキャラです。武部への愛は純粋そのもので大人なのに学生のように悩みながらデートする様子はグッドですね。まだまだ想いは届かないけれど「伝えたい」って気持ちは溢れていてとっても尊いです。

ココが見どころ!

一向に縮まらない恋?

久しぶりの再会・決闘の末、お付き合いすることになった武部と空森。空森からのアピールはそれはもう「恋する乙女」さながら初々しくもかわいいものですが、武部は何処か疑いや受け入れられない気持ちが勝ってしまい、否定的。

f:id:ta_kaya:20181126114007p:plain

(コミックスより引用)

そんな武部の問いに「高校の時すでに惚れていた」と答える空森。付き合うことが冗談だと思っていた武部は引くに引けなくなってしまうんです。

リア充ご用達SNSをアップするために遊園地デートに訪れることになるんですが、どちらも元ヤンで男性経験がないので何をしていいかわからない。結局いつものように勝負になってしまい、やり取りする2人がもうコントみたいで、真顔でやるもんですからシュールで思わずクスッときます。

f:id:ta_kaya:20181126121032p:plain

(コミックスより引用)

1巻終盤で”まりあさん”と言う人物が登場します。彼女はどうやら空森の「恋の相談役」らしく、高校時代からの付き合いみたいです。物腰柔らかな雰囲気を出す彼女ですが実は元レディースチームの副総長で同じ族の総長と付き合っているみたいです。彼女の計画でなんだかんだ武部が空森の事を気にかけているとわかるシーンがあるので”これから”が楽しみになります。

まだ、1巻で出会いやお互いを”知る”話が多かったのであまり例がないんですが、これからどんな恋愛模様が映し出されていくのか期待したいですね!

最後に

元ヤン2人という設定の他の作品を見たとこがなかったので新鮮な気持ちで読めましたね。片方がヤンキーで片方が真面目系のヒミツ百合と言うのが表紙を見た予想だったのでちょっとびっくりです。今は普通の社会人な空森も照れ隠しについつい”手が先に出る”なんていう元ヤンならではのスキル(笑)をもってて面白かったです。いつも眉間にしわができるくらい厳しい表情を崩さない武部。1巻はまるまるそんな表情だったので、ほころぶ日が来るならば絶対に見逃せませんね!

見どころでも言いましたがまだ1巻が出たばかりで今後の展開が全く読めません。2人の恋がどんなものになるのか、いずれ「同棲」なんて展開も夢見てしまいます。

脱ヤンを掲げ行動を始めたのがそもそもの始まり、武部は無事達成できるのか。空森の恋はしっかりと実るのか?元ヤン2人がおくるシュールな百合漫画『私の拳をうけとめて!』ぜひ手に取ってみてください!では。