百合と日常

百合コミックを紹介しながら雑多につぶやきます。

2人の少女の気の向くままに。おすすめ百合漫画『うさぎのふらふら』

こんにちは、昂弥です。

今日紹介するのは、不思議な世界観が織りなす2人の少女たちの探索譚

『うさぎのふらふら』

電撃コミックスNEXT 著者:隈井

どんなお話?

うさぎはまほと仲良し。まほはうさぎと仲良し。吉祥寺を歩いたり 赤羽をめぐったり書店街でなぞなぞをしたり 公園でお医者さんごっこをしたり自由きままにふらふら、ぷらぷら。

女の子同士のおでかけはいつでもどこでもかわいいことばかり♪やわらかくってほっこりと、ミルクたっぷりのミルクティーみたいな。不思議かわいいふわゆりコミック!

日本の随所を気ままに散歩する少女たちを、眺めるための癒し百合漫画です。取り合えず「絵」だけで購入を決めた1冊。しかし、それがまた当たりでした百合漫画としてのイベントやいざこざはありませんがそこかしこにちりばめられた百合要素がかわいくて魅力的な1冊です!

登場人物

f:id:ta_kaya:20181102110516p:plain うさぎ

(コミックスより引用)

食いしん坊で元気な女の子、「食べること」が本当に好きみたいです。2人で半分こしたときは必ず先に食べ終えてしまい、まほの食べかけを羨ましそうに眺めるうさぎちゃんかわいかったです。流されやすい性格からまほによくからかわれちゃう姿がとっても癒される女の子。

f:id:ta_kaya:20181102110555p:plain まほ

(コミックスより引用)

落ち着いた雰囲気の女の子。本人は決して口にはしませんがうさぎの事をすごく気に入っている様子。水着回でうさぎにご執心なまほがとってもかわいいですよ!

ココが見どころ!

不思議な世界観の日常漫画

表紙からは予想がつかなかった不思議な世界観が、普段色々考える現実生活の箸休め的癒し効果があって、気持ちがぽっかり温かくなりました!

東京随所、後半は神奈川、埼玉にまで足を延ばす2人。中学生のような雰囲気ですがどこにそんな行動力があるのか、また食事処の店員以外で彼女らと話す人が1人もおらずそれがまた不思議な雰囲気を醸し出しますね。

f:id:ta_kaya:20181102110648p:plain

(コミックスより引用)

吉祥寺の交差点、横断歩道で1人まほを探すうさぎ何でしょうすごく魅了されるといいますかどことなく不安になるゾクゾクした感じがありますね。横断歩道の向こう側うさぎがちらちらと見えますが彼らが所謂一般人を表してるようで「モブうさぎ」と言うようです。老若男女かわいいデフォルメうさぎですから1CUP片手の姿とかすごいシュールでした(笑)。

貴重な百合回はとってもかわいい。

本屋に訪れていた2人が互いに購入した本を見せ合う回でのお話。大人の男女の円満方法の本を購入したらしいまほがうさぎと一緒に実演。

f:id:ta_kaya:20181102110817p:plain

(コミックスより引用)

やり取りはどんどん大人の雰囲気になっていく、、、。自分から仕掛けて「ぽっ」って照れちゃうまほちゃんかわいいですね。結局うさぎは何のことだかさっぱり理解していないので、オチは子供らしいものでしたね!

最後に

隈井先生の絵柄は線がはっきりしていて読みやすく、うさぎたちがよりかわいく見えました。ポップな印象を受けるのでより癒されるのもいいですね!モブうさぎや等身大の一般人も描かれていますが世界に2人だけという印象が強く余計なものがないので本当に箸休めにはぴったりです。

隈井先生は「クマノイ」先生として、きららの方でも執筆されているそうなのですが僕はこれが1作目になります。もっと早く先生のファンになりたかった悔しさがありますが、また新たなお気に入りが増えてすごく満足です。

不思議な世界観が織りなす世界に2人の少女たちの日常が描かれる癒しの1冊です。ぜひ手に取ってみてください!では。