百合と日常

百合コミックを紹介しながら雑多につぶやきます。

あなたが最後に選ぶのは、、、。おすすめ百合短編『透明な薄い水色に』

こんにちは、昂弥です。

 

今日紹介するのは、岩見樹代子先生の描くちょっとドロドロした恋愛模様のおすすめ百合漫画

 『透明な薄い水色に』

百合姫コミックス 著作:岩見 樹代子

 どんなお話?

幼なじみの一花に恋をしている女子高生・律はその思いを打ち明けずに過ごしてきた。しかし同じ幼なじみの駿が一花に告白して3人の関係は三角関係へと変わっていく。

「私だって一花が好きなのに」

女の子同士という叶わない恋と彼氏という敵わない相手。一人だけ取り残されてしまった律の想いは徐々に溢れ、彼女から常識的な考えを奪ってしまう。

(コミックスより引用)

3話完結の「透明な薄い水色に」と2話完結の「エプロン」の2作品を収録した作品。短編と言い切るのは少し言葉違いな気がしますがそれ以外の表現が分かりません!

修羅場ありの恋愛作品、ちょっとドロドロしたところもありますが最後まで読むことできっと好きになれますよ。

収録作品紹介

「透明な薄い水色に」全3話

登場するのは同じ住宅団地に住まう3人の幼馴染 律 一花 駿

高校までずっと一緒の仲良しだったが、高校生になり一花と俊は恋人同士に。 ずっと、3人仲良しだと思っていた。でも、もう違うことに嫌悪感を示す律。その嫌悪感は仲良しの関係が崩れたことに対してだけじゃないんです。 

律は一花が好きだった。それは出会った時から。

女の子同士だということ、3人仲良しでいたいこと、そんな複雑な気持ちから今までひた隠しにしてきたんです。でももう違う、溢れ出る気持ちを抑えることができず律は思いを眠る一花に思いをぶつけてしまう。

f:id:ta_kaya:20181015093601p:plain

(コミックスより引用)

完全な修羅場ですね。駿との関係が悪くなり、それを心配する何も知らない一花に律は言葉で思いを伝えるんです。 しかし、、、。

f:id:ta_kaya:20181015093701p:plain

(コミックスより引用)

一花は律が自分に何をしたのか知っていた。知っていたうえで今まで一緒にいたんだっていう罪悪感が律を襲うんです。

「手に入らないのなら、ひどいことがしたい。

私のこときらいになって。」

(コミックスより引用)

律の心の叫びが僕の胸を打ちました、切ないですよね。 しかし、一花も想いを告げられ自分の本当の気持ちを認識するんです。 思いが通じ合ったとき、笑顔が溢れる2人を見て「本当によかった。」って思えました。

駿は少し当て馬的な存在で可哀そうではありましたが、2人の関係を真のものにするためには必要な存在だったんですね。幸せになってもらいたいです。

「エプロン」

カフェでバイトする高校生 茜のお話。

f:id:ta_kaya:20181015093827p:plain

「抱きしめたいほど先輩が好き。」

(コミックスより引用)

そう思う茜の横顔を眺めるのは中条という男の子。

茜は「思いを伝えることはない。」そう決意するもちょっとした好奇心から先輩のエプロンを抱きしめる。

f:id:ta_kaya:20181015093904p:plain

(コミックスより引用)

これも修羅場なんでしょうか。見られた茜は中条を連れてカラオケボックスへ。

先輩に雰囲気が似ていることからエプロンをつけることを強要するんです。私は先輩に触れてはいけない、だから先輩のエプロンをつけた中条を先輩の代わりにしよう。茜のちょっと歪んだ純愛が垣間見えましたね、少し怖いです。 しかし、その衝撃に続いて更なる衝撃が襲ってきました。

店長と先輩は付き合っている。

先輩と茜が恋愛をする話だと思っていたので、本当にショックでした。

先輩を汚した男が許せない、先輩自身が白を汚したことを許せない、その先輩に恋した自分が許せない。抑えきれない怒りを茜は、中条に、先輩のエプロンにぶつけるんです。

f:id:ta_kaya:20181015093940p:plain

(コミックスより引用)

「エプロン」は読んでいた僕もどう終わるのか最後までわかりませんでした。しかし、岩見先生は納得のいくエンディングを見せてくれたので良かったです。「はぁ~、なるほどねぇ~。」そう思える最後でしたよ!

最後に

『透明な薄い水色に』は収録作品どちらもキャラクターたちの普通とは違った性癖が色濃く描かれている印象が強く、今まで読んだことがなかったので最後まで一気に読んでしまいました。また、岩見先生の描く女の子たちのタッチがすごくきれいで好きでしたね。

思いを包み隠さずぶつける女の子達のシーンがすごく繊細で、込められた気持ちが手に取るようにそして、痛いほど伝わってきます。

最後のあとがきで登場キャラクターたちへの、先生の愛が分かるメッセージが綴られていて、岩見先生がより好きになりました!

岩見先生は百合姫本誌で新連載が決定したようです!

当ブログは雑誌紹介はしていないので、単行本が発売次第また岩見先生の作品を紹介させて頂きたいですね。

女の子たちの愛の深さゆえの歪んでしまった部分が垣間見え、読み応えのある作品になってます。ぜひ手に取ってみてください!