百合と日常

百合コミックを紹介しながら雑多につぶやきます。

田舎暮らしの日々を徒然に、、、。おすすめ百合漫画『徒然日和』

こんにちは、昂弥です。

 

今日紹介するのは、田舎暮らしの女子高生たちの日常を徒然に描く、ほっこり系おすすめ百合漫画。

『徒然日和』

百合姫コミックス 著作:土室 圭

どんなお話?

のどかな田舎の高校を舞台に、小春、真冬、七揶、実里の女子高生4人が何気ない日常を送っていく。

特別な事件なんて何も起こらないけれど、そんな日常がどうしようもなく愛おしく、特別に感じてしまうのはなぜだろう?

(「pixivコミック」公式サイト)

誰かが不幸になったりするわけじゃない、劇的な出来事が起きることもないけれどあなたと過ごす日々は確かに”とくべつ”で、、、。

そんなお話。特別な人と過ごす日々に内容は関係ないんですよね、”どんな”じゃなく”だれと”が重要なんだって思える、心温まる百合漫画です。 

登場人物たち

f:id:ta_kaya:20181014200344p:plain 花村 小春(はなむら こはる)

(コミックスより引用)

ずっと田舎暮らしの高校1年生。真冬とは小学生のころの知り合いで、偶然にも再会を果たす。真冬からのわかりやすいアタックにも気づかない超鈍感でのほほんとした感じから4人からはマスコット扱い。でも、実は4人の中で誰よりも勉強ができる女の子。

 

f:id:ta_kaya:20181014200450p:plain 白月 真冬(しろつき まふゆ)

(コミックスより引用)

東京から引っ越し田舎の高校に通うことになった高校1年生。クールな印象から近寄りがたい雰囲気が漂っていたが、小春の前ではふにゃふにゃに

小春の事が大好きで、割と直接的に好意を伝えるがあんまり伝わってない。勉強できそうな雰囲気を持ちながら4人の中で1番勉強ができないギャップがとってもかわいい女の子。

 

f:id:ta_kaya:20181014200522p:plain 飛鳥 七耶(あすか ななや)

(コミックスより引用)

4人の中のおバカ元気キャラ。真冬にも明るく話しかけるが、合わないのか鬱陶しがられてしまう。都会への憧れが強く、「学校帰りにコンビニに寄る」ことが夢だったらしい、可愛い。(笑)

実家が、かなり遠いことから実里とアパートで同棲生活を送る。実は2番目に勉強ができるという、謎のギャップがある。

 

f:id:ta_kaya:20181014200606p:plain 風見 実里(かざみ みのり)

(コミックスより引用)

みんなのお母さん的女の子。七耶との同棲生活で料理・洗濯何でもこなす。

落ち着いているが、ときどき恥ずかしながらもノリに乗ってくる姿がとってもかわいい。

ココがおすすめ

友達以上恋人未満の彼女たちの百合日常

この作品のおすすめとして挙げるのは、この一つ。これだけを楽しむための漫画ですからね!

小春と真冬、七耶と実里それぞれの少女たちの何気ない、しかし特別な毎日が描かれる本作品。その中でもおすすめのシーンを紹介します。

小春×真冬

この二人のおすすめは、[6話目 雨、ときどき]

雨の中を並んで歩く二人。話題は小学生のころからすっかり変わってしまった地元のお話。 本屋に寄る小春が戻ってきた。手には普通の本よりは少し大きめな本、真冬は相合傘を誘ってみる。

f:id:ta_kaya:20181014200646p:plain

(コミックスより引用)

あくまで「荷物が大きくて傘が差しにくいから。」と言い訳をする真冬の顔は描かれていませんでしたが、きっとかわいい表情なんでしょうね。 

「・・・はるは雨って好き?」

「えっ、うーん。あんまり多いと困っちゃうけど・・・でも、わたしは雨もすき・・・かな。」

「私も好き」

(コミックスより引用)

この会話は、2人にとっては何気ない会話なんでしょうか。僕は「こうして相合傘で帰れる状況を作ってくれるから好きだ。」そう言っているんじゃないかって、考えてしまいます。そうじゃないか、そうだといいなってほっこりしてお気に入りの1話です!

七耶×実里

この2人のお気に入りは、休日の2人を描いたお話[5話目 オムライス]

今日の晩御飯はオムライス、でもケチャップが無いことを忘れていた。七耶は急いで買ってくるという、もうすぐ雨が降るそうなのに、、、。 

案の定雨が降ってきた、帰ってきた七耶はぐっしょり。あらかじめ入れておいたお風呂に入ってもらう。今日は、頑張ってくれたから感謝の気持ちをこめて髪でも乾かしてあげよう。 

f:id:ta_kaya:20181014200745p:plain

(コミックスより引用)

 いいですね、そこには恋愛なんて文字はないんでしょうけど、2人のやり取りはとっても癒されます。

最後に

描かれるお話は何気ない日常なんですが、それが本当に美しい。百合としての印象は薄いかもしれないですが、その言動や行動には確かに相手を思う百合が見え隠れしていて尊い作品です。

何気ない日常に少しの百合を加えたこの作品。

特別なことは何もない、でもそこには彼女たちにとってかけがえのない”とくべつ”が日々がある、心温まる百合漫画。いつまでも彼女たちを眺めていたいですね。ぜひ手に取ってみてください!