百合と日常

百合コミックを紹介しながら雑多につぶやきます。

僕的、次に来るおすすめ百合コミック筆頭!切なく甘いガールズラブコミック『ストロベリー・フィールズをもう一度』

こんにちは、昂弥です。

 

 

今日紹介するのはこちら! 時間を超えて愛する人のもとへ!

『ストロベリー・フィールズをもう一度』

電撃コミックスNEXT 著作:木野咲カズラ

どんなお話?

あなたはわたくしの――きっと“運命の人”
乙女ゲーム好きな晶の前に突然現れた転校生・純愛(ぴゅあ)

…彼女には秘密があって――。

『星屑ネバーランドガーデン』の木野咲カズラ新作は、“友達以上恋人未満”な甘酸っぱい青春グラフィティ!? 

あらすじを読む限りだと、特に変わった特徴の百合ではなさそう。

「友達以上恋人未満」

ふむふむ、好きな気持ちはあるけれど、それを伝えることができない。。

今の状況に満足している系ですかね。

全然違いました!

読んでみたらその壮大なスケールに驚きです!

登場人物

f:id:ta_kaya:20180921222131p:plain 紅野 晶(あきら)

(コミックス1巻より引用)

高校2年生

「恋愛は2次元に限る」

過去のトラウマから、現実での恋愛しないと決めた少女。

誰かに恋愛感情を抱くことはもうない。

そう決意していたのに、純愛(ぴゅあ)の存在が晶の中で大きくなっていく。

 

f:id:ta_kaya:20180921222325p:plain 桜坂 純愛(ぴゅあ)

(コミックス1巻より引用)

 

「わたくしあなたの未来の『恋人(アモーレ)』ですわ!」

そういって、晶の目の前に現れた女の子。

何をするにも、晶中心に考えることから、晶の悪口を少しでも聞くと我慢できない!一途に晶を愛する少女。

ココが見どころ!

晶の過去

「私は三次元の恋愛なんて一生しない」

このセリフに込められた、晶のトラウマは両親が深く関係しているんです。

中学2年の晶は、母が入院したとき父が別の家庭を持っていたことを知らせれます。

晶には知らされていなかった両親の離婚、ほどなくして母の危篤が知らされた時も父は看取りに来なかった。

理由は、「赤ちゃんが生まれるから」

母は最後まで父の名を呼び最悪のバッドエンドを迎えます。

そんな母を目の前で見てしまった晶、

「『恋愛』は家族をめちゃくちゃにした。

私はそんなものに一生関わりたくない」

そう思わせてしまったんです。

この作品は、もう一度「恋愛」をするために自分の中の新たな感情に戸惑いながらもそれを手放したくないと成長していく作品になってます。

晶やぴゅあの心理描写がうまく描かれていて、いつも不貞腐れたような顔をしている晶がこれからどんな表情を見せてくれるのか楽しみです!

純愛(ぴゅあ)の存在

f:id:ta_kaya:20180925201202p:plain

(コミックス1巻より引用)

「わたくしあなたの未来の『恋人(アモーレ)』ですわ!」

そう言って、晶の目の前に現れたぴゅあ、未来の晶と付き合っていると言っているが本当かどうかわからない。。。

なぜ、未来から晶のもとへ来ることになったのか。

未来からぴゅあが来たことについて何か知っているという晶の弟。

これからの展開に期待です。

2巻からの急展開!

1巻は晶が振り向いてくれないなら『お友達』でいい。

と、ぴゅあが諦めようとしたとき、晶が自分の気持ちに気付き終わります。

2巻からは、より百合な展開が起こると思ったのですがそうはいきませんでした、晶の弟に問われるぴゅあ、

f:id:ta_kaya:20180925201259p:plain

「どうして『戻ってきた』の?やっぱ姉貴になんかあった? ー死んじゃったとか」

「・・・ぴゅあさんは知っているんでしょ俺がアレで何をしようとしてるのか」

 (コミックス2巻より引用)

????

戻ってきたとは一体何でしょう?アレって晶の事ですよね?

晶の身に何か起こるのか、3巻ではそこらへんに触れていくのでしょう。

最後まで読んでほしい!スピンオフコミック『百合美さんがみてる』

f:id:ta_kaya:20180922053552p:plain

(コミックス1巻より引用)

この作品の巻末に描かれる4コマ漫画、百合が大好きな晶たちの同級生 百合美ちゃんが中心です。自身も百合という状況に置かれながらそれに気づかず、他人の妄想ばっかりしています。

そして何より、巻末付録のようなのにいちいちクオリティが高い

スピンオフのみで一冊作ってもらいたい作品になってます。

2巻で4コマ32話あるんですよ、すごくないですか。

最後に

この作品は「百合」としてはもちろんのこと、絵のクオリティや切ない心理描写の見せ方が本当に僕の感性を刺激します。

1巻では2人の出会い、晶の再出発が描かれ、2巻で晶の過去が掘り下げられたり、物語の核心と思われる弟の意味深な発言など急展開を見せました。

3巻では、きっとより深いシリアスな展開を迎えることになるのでしょうが、気になって仕方がありません。

これからも、追いかけていきたいと思います。

 

少しでも参考になれば幸いです!

ぜひ手に取ってみてください。